スポンサーサイト

2015.02.07 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    劇団衛星のコックピットを観た

    2011.07.10 Sunday

    0
      KAIKAで、劇団衛星のコックピットを観てきました。



      衛星の役者さんは皆、うまいのだけど、やはり長くやっている皆さん、黒木さん、紙本さん、ファックさん、蓮行さんは、さすが衛星世界の人だなと思いました。(それからプロデューサーの植村さんも!)
      そのカンパニーの世界の人でした。

      そして、話が実は深遠であったとしても、ひとつひとつの芝居がわかりやすいことの価値は大きいなと思いました。

      もちろん他の出演の皆さんや、ゲストの元ニットキャップシアターの大木さんもさすが。

      全国いくつも劇場をまわるので、あちこちで皆さんに楽しんでほしいです。
      特に、舞台を少し観た事があるくらいの人にも。

      ◆ ◆ ◆

      終演後に大木さんに左の乳首をつねられ、そのあと会った坂口さんには右の乳首をつねられた。
      ありがとうございます!
      ⊂((・x・))⊃

      ◆ ◆ ◆

      そして、ベビー・ピーとニットキャップシアターでは、もちろんこれとは違う芝居を頑張らなきゃね。

      色々な質の、面白い舞台がたくさんあれば、それがいいと思う楽天主義。

      ◆ ◆ ◆

      ベビー・ピーでメイクの練習をした写真。

      スポンサーサイト

      2015.02.07 Saturday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        「劇団衛星のコックピット」という作品のことを、改めて考える。 京都公演が終わった頃、感想として、近しい人達(参加メンバー含む)から「初演の時は、時代が早かった」「よう ...
        • Junko's Blog
        • 2011/07/22 4:46 PM
        この記事のトラックバックURL