スポンサーサイト

2015.02.07 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    6月30日

    2011.06.30 Thursday

    0
      全く更新をしていないブログだけど、アクセスログを見ると昨日も28件のアクセスがあったらしい。

      広告業者の方か知り合いか劇団やmixiのプロフィールやらから来てくれたのかわかりませんが、ありがとうございます。
      いつもご期待に添えずすみません。

      ◆ ◆ ◆

      面白い舞台を作ってたくさんの人に観てもらうのが一番の原則だ。
      僕よりずっとずっと面白い人達が演劇をやめるのが普通な状態なので、
      せめて劇団ではなるべくそうならないようにできるように、というのが今。

      ◆ ◆ ◆

      そして僕が生活できるようにと思っている。

      ◆ ◆ ◆

      俺は劇団員。

      でも(多くの人もそうだと思うけど)色々な価値観、正義を持っている複数の集団に属させてもらっているから、
      色々な朱に交わって少しずつ色んな赤になっている。

      僕はビジョンや能力はさしてないけど、
      美意識は持っておきたい。

      ◆ ◆ ◆

      プロデューサーとかプログラムディレクターは、
      公共性とか社会的意義とか芸術性とか、
      そしてもちろん自分のセンスを信じて面白いと思うもの、価値あるもの世に出そうと思うだろう。
      そこへの責任は、ある程度金銭というかたちで負ったりするだろう。

      面白くない作品を作ってしまった場合、
      アーティストはそこで大きく評判を落として終わってしまうが、
      プロデューサーは一つの失敗として次に迎える。失敗の大きさが違う。
      なんていう意味のことを言うアーティストもいた。

      そういう面はあるでしょうなあ。
      面白くない作品をつくる人(達)v.s. 面白くない企画をつくる人(達)。
      企画を立てれて財源を用意できるだけで一つ能力ですものね。

      でも、良くない企画への批判はプロデューサーが受けるべきだな。
      個人でも集団でもいいけど。
      その気持をしっかりもって、劇団プロデューサーを務めなければ。

      ◆ ◆ ◆

      アーティストがやりたい環境をすこし、すこしずつでも整えられるのは、
      プロデューサーという職能にしかできないこともあるのだ。

      役割の違いじゃないか。
      舞台を愛しているんだったら。

      ◆ ◆ ◆

      すごい目利き力か、すごい社交力か、すごい事務能力か、
      がないと僕なんかすぐ食えなくなるぜ。

      すごい役者力か、すごい情熱か。

      ◆ ◆ ◆

      役割の違いだけじゃないか。
      僕は劇団でプロデューサーの役をしているだけだ。
      と、昔は思っていたけど、
      それは不幸になる人が多い考え方みたい。だった。


      スポンサーサイト

      2015.02.07 Saturday

      0
        関連する記事
        コメント
        僕は今まで、お客さんの目に直接映る部分でしか仕事をした事がありません。
        だからそうでない所で働いている人たちに対しての理解は当然乏しいだろうし、そういう人たちがどんな苦悩を抱えているのか、どんな苦労をしてきたのかも知りません。
        なので、そういう点で言ってる事が身勝手だっていうのは重々承知の上です。
        ほんとの事言うと、僕は個人で言ったらほんとに底辺の人間なんで、そういった役職の人たちを総じて邪魔だなと思う事があります。
        でも、一連の発言の中で、「プロデューサーとか全員死んだらいい」って言ってました。その事は素直に反省します。
        だけどその上で、やっぱりまだ分からない部分があるし、飲み込めない部分があるのは事実です。
        この文章、読めてよかったです。
        ありがとうございます。
        • by 唐仁原
        • 2011/06/30 1:48 AM
        では俺のmixiの小説を舞台でやっておくれ(^人^)
        • by ラリ夫 にぽーん
        • 2011/06/30 12:41 PM
        唐仁原サン>今思うことを雑多に書いたわー。
        たまにはブログ更新しないとね。
        もっと30歳の制作者らしい文章がかけるような思考をしないとね、とも思うけど。

        ラリ夫サン>それはシュールすぎて、難易度高いぜ!
        • by Shun.
        • 2011/07/07 9:03 AM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL